« 公務員制度改革・・・ | トップページ | ふと・・・気づきました »

感動!授業

昨日、大阪市立扇町総合高校にて池田先生の授業見学に行きました。

テーマは「映像プロデューサーとは、~コミュニケーション論にかえて~」と題して友人のひとりでもある、(なぎらけんいち)に瓜ふたつの平井氏が非常勤講師を担当。2時限を山あり谷ありでのご報告です。まず、コミュニケーションとは?の質問に生徒がそれぞれ順番に20文字以内で回答していました。様々な意見も出尽くした頃、プロジェクターに大きく赤い文字で太く、「本音のぶつかりあい」と写しだされたことが印象てきでした。それはイメージ(想像する)が大切で(自分ブランドを作る)ということにほかならないとのことでした。授業、冒頭からいきなり結論とは・・さすが、なぎらさん(いや平井さん)笑い

良いにつけ、悪いにつけ、経験したことは全て役立つとの・・・ことでした。

その後、4~5年前に大阪本社の某M下電気のPR映像制作に映像プロデューサーとしてかかわった時の経緯と苦労話やポイントなど実際の映像を披露。テーマは「ナノテクノロジーが拓く夢のあるくらし」これは凄く迫力がありました。流石プロの作品と思いました。

作成準備において①コンセプト②コンテ③見積もり・スケジュール④スタップ編成⑤品質⑥予算⑦スケジュール調整管理。 かっこいいプロデューサーに資質とは?の質問に判断力、交渉力、プレゼンテーション力の三つをあげられていました。プロとしての自覚が必要かと最後に喜劇王と呼ばれたチャールズ・チャップリンの晩年に「あなたの代表作は?」と記者からの質問に・・・次につくる作品です!・・・と答えられたというお話でした。

後記

  平井さんの言いたかったことは、どの職業、どの仕事でも全てに通じて同じである・・・全力で事にあたることが重要です。と、学生に夢のある出前授業は今後も続くことを期待し、有意義な半日でした。

Sany00031



|

« 公務員制度改革・・・ | トップページ | ふと・・・気づきました »

トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/421134/7040330

この記事へのトラックバック一覧です: 感動!授業:

« 公務員制度改革・・・ | トップページ | ふと・・・気づきました »