« 人間の性質と経済 | トップページ

『菊と刀』はアメリカ文化人類学史上最初の日本文化論である

菊と刀  著者ルース・ベネディクト(Ruth Benedict)「日本人の行動パターンより」

 『菊と刀』はアメリカ文化人類学史上最初の日本文化論である。

日本に行ったこともなく、ここまで深淵に迫る考察は尊敬に値する。しかし批評も多く見られる。彼女を擁護するなら、引用「人間の行動の大部分は文化的に習得されたものであり、教育によって個人は自らの価値観と行動を新たに獲得できる。すなわち教育とは文化そのものである」ここの行は評価に値すると思います。

下記17冊の書物はいずれもベネディクトの「菊と刀」ですが、北京の大きい本屋さん

で見つけました。なんと・・これだけたくさん出版されているのですね!

Kiku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 人間の性質と経済 | トップページ

コラム」カテゴリの記事