« 『菊と刀』はアメリカ文化人類学史上最初の日本文化論である | トップページ | それぞれ・・ »

生きざま

清華大学の名誉教授(女性)96歳永眠

 92歳がん細胞発見、安楽死が認められていない国 しからば、自分の意志で絶食!

4日間で亡くなる 

本人いわく!

他に迷惑をかけない生き方、死に方が理想であると・・・

高齢と共に病気と死亡が向き合う 死ぬなら早く(死までの時間)、そうすることにより本人も楽で家族の負担も少なくなるからとの事。それには十分な準備が必要でもあると・・ 

昔は70歳が平均であったが、昨今は長生きできる環境が備わってきたこともあり私のような90歳でも元気という人が大幅に増加してきた。それならば70歳以降の生き方として

自分の出来ることは自分でする。そうすることにより、毎日が忙しくなり、自ずと有意義な毎日になる。

そうした中で癌細胞発見、余命数年・・・決断(断食による尊厳死)

2017年10月17日~

絶食 1目日:何も食べない・水も飲まない 2日目:水を少し飲む 3日目:お粥さんを少し 4日目 何も食べない トイレに(家族が) 

5日目:朝トイレ・夕方 安らかに永眠(2017年10月21日㏘6:00) 

 *知人グループの情報より           

考察:凄いですね、生き方?死に方?行動力?・・・ 果たして自分ができるか?

 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 『菊と刀』はアメリカ文化人類学史上最初の日本文化論である | トップページ | それぞれ・・ »

コラム」カテゴリの記事